セロトニン道場とは
クラス紹介
スケジュール
料金システム
アクセス
トレーナーコース
法人・学校の方へ

<Q>
脳内物質セロトニンを増やすのに不可欠な食べ物を教えて下さい。



<A>
ご質問ありがとうございます。
おっしゃるとおりセロトニンを増やすためには食事がとても重要になってきます。
セロトニンが体内で作られるためには『セロトニン三種の神器』とも呼べる栄養成分が必要になります。
一つ目の神器は、原料となる『トリプトファン』です。
これは、必須アミノ酸の一種です。
二つ目は、トリプトファンからセロトニンを合成するのに必要なエネルギー源『炭水化物』。
三つ目は、トリプトファンからセロトニン合成を促進させる『ビタミンB6』。
この、三種の神器が入った食べ物をしっかり取り込めば脳内にセロトニンを増やす準備が整うのです。
セロトニントレーニングをいくら熱心にやっても、三種の神器が入った食べ物をとらなければ、残念ながら分泌力は落ちてしまいます。
とはいっても、あまり堅く考えなくても大丈夫ですよ。
主食として、お米などの炭水化物、おかずとしてトリプトファンとビタミンB6の入った食べ物を取り込めば大丈夫です。
では、実際にどのような食べ物に、セロトニン三種の神器が含まれているのでしょうか?

<トリプトファンを含む食材>
・大豆製品(豆腐、納豆、味噌、醤油、枝豆、豆乳、きなこなど)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・鶏卵
・魚卵(タラコ、スジコ、明太子など)
・ゴマ、ナッツ
・カツオ節
・アボカド
・バナナ

<炭水化物を含む食材>
・穀類(ご飯、麺類、パンなど)
・いも類
・果物

<ビタミンB6を多く含む食材>
・魚類(サケ、サンマ、イワシ、マグロ、カツオ、サバなど)
・バナナ
・にんにく、しょうが
・未精製の穀類(玄米、胚芽パンなど)
・豆類(大豆、ヒヨコ豆、レンズ豆など)

トリプトファンは、たんぱく質に多く含まれています。
しかし、動物性たんぱく質はトリプトファンを血液から脳内に移動するのを阻害すると言われています。
肉類よりも、魚や豆類などから取り込んだほうが良いでしょう。
上のリストを見て、どれもそんなに珍しい食べ物ではないことに驚かれたかもしれませんね。
毎日バランスよい食事を心がければ、三種の神器はちゃんと体に取り込まれてくれているのです。
でも、どうしても食事に手間をかけていられない時もありますよね。
そんな時は、『バナナ』がオススメです。
バナナには、トリプトファン、炭水化物、ビタミンB6という三種の神器が全てふくまれています。
いそがしい時も工夫をして、セロトニンを増やす栄養成分を体に取り入れていくようにしましょう。
食べる時も「この食事には、セロトニン三種の神器が入ってるんだなぁ〜。」と感じながら食べるだけで、セロトニントレーニングの時のモチベーションが変わってきますよ。